2017年06月


1: Anonymous 2017/06/25(日) 09:48:17.30 ID:CAP_USER9.net

 性的少数者(LGBT)のカップルを公的に認めるパートナーシップ宣誓制度が札幌市で始まったことを記念し、同市中央区のさっぽろテレビ塔が24日夜、性の多様性を象徴する虹色にライトアップされた。
 制度の導入を目指して活動してきた市民団体「ドメスティックパートナー札幌実行委員会」が企画。札幌市が多様性を尊重し合える街であってほしいとの願いを込めた。
 制度は政令指定市では初めて。市男女共同参画課によると、制度が始まった今月1日から23日までに14組のカップルが利用し、今後11組が利用を予定しているという。(白井伸洋)
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK6R5Q1RK6RUQIP059.html

画像��




引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498351697




【北海道)さっぽろテレビ塔が虹色にライトアップ! 同性カップルパートナーシップ制度施行受け(画像あり)】の続きを読む


1: Anonymous 2017/06/25(日) 23:50:29.27 ID:CAP_USER9.net

「命あるうちに無罪を」 90歳の再審請求、28日判断
朝日新聞:2017年6月25日21時08分
http://www.asahi.com/articles/ASK6J6S2ZK6JTLTB00L.html


90歳の誕生日会で花束をもらう原口さん(中央)。
長女の西京子さん(左)や支援者ら17人が駆けつけ、原口さんは「ありがとう」と涙を浮かべたという(10日、鹿児島県志布志市、弁護団提供)



 鹿児島県大崎町で1979年に男性の遺体が見つかった「大崎事件」で、殺人などの罪で服役した原口アヤ子さん(90)の第3次再審請求について、鹿児島地裁(冨田敦史裁判長)が28日、再審を認めるかどうかの判断を示す。
事件から約38年。再審の扉は開かれるのか。

 「あたいはやっちょらん」。原口さんは一貫して無実を訴えてきた。
90年に出所し、95年に地裁に再審を請求。
一度は開始決定が出たが福岡高裁宮崎支部が取り消した。
2度目の請求は2013年に地裁が棄却、即時抗告も棄却され、第3次請求を15年に申し立てた。
第2次請求からは元夫(故人)の遺族も請求している。

 第3次請求で弁護団は、法医学と供述心理学の鑑定書を新しい証拠として提出した。

 確定判決では、男性の死因を「頸部(けいぶ)圧迫による窒息死」と認定し、共犯とされる親族の自白を根拠に「タオルによる絞殺」とした。

 弁護側は解剖時の写真を分析し「死斑がなく、窒息死の所見は認められない」と主張。男性が事件前に近所の側溝で倒れていたことから「自転車事故による出血性ショック死の可能性が高い」と訴える。

 親族らの供述の信用性については、判決で有罪の根拠となった義妹の「殺してきたと聞いた」「共謀するところを見た」という目撃証言を心理学者が分析。
「目撃」した前後の行動が不自然で「体験していないことを話した可能性が高い」と指摘した。

 検察側は死因について「出血性ショックの根拠がなく、内容は不合理で信用性に乏しい」と反論。
心理学者の分析については「一つの可能性を提示するものにとどまる」としている。

 第3次請求審では検察側が新たに捜査資料のネガフィルム64本を開示。
現像された写真は計1700枚を超える。

 弁護側は写真の分析から「自転車事故の可能性もあるのに、死体発見当初から殺人事件と決めつけて捜査している」「近隣住民の供述と再現写真に矛盾がある」などと指摘する。

 原口さんは今月15日、90歳の誕生日を迎えた。弁護団は「命あるうちに無罪を勝ち取りたい」と話す。

     ◇

 〈大崎事件〉 鹿児島県大崎町で1979年10月、農業の男性(当時42)の遺体が自宅横の牛小屋で発見された。
物的証拠が乏しい中、原口アヤ子さんと当時の夫、義弟の3人が殺人と死体遺棄容疑で、おいが死体遺棄容疑で逮捕された。
原口さんだけが一貫して無罪を訴えたが、元夫らが「(原口さんに)犯行を持ちかけられた」と証言し、原口さんは81年に懲役10年の判決が確定。
親族3人(いずれも故人)も有罪判決を受けた。
3人には軽い知的障害があったとされる。


引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498402229




【「あたいはやっちょらん。命あるうちに無罪を」 大崎事件で服役した90歳の再審請求、28日判断 鹿児島地裁】の続きを読む


1: Anonymous 2017/06/25(日) 03:57:51.48 ID:CAP_USER9.net

“ターゲットは大人の女性” 広島で水族館がオープン
6月24日 13時28分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170624/k10011029041000.html

広島市の広島港に面した商業施設に、大人の女性を主なターゲットにした水族館がオープンし、午前中から大勢の人が訪れました。
24日にオープンした「マリホ水族館」は、広島港のマリーナに隣接した複合商業施設におよそ8億円かけて建設されました。

午前10時のオープンを前に300人ほどが列を作り、記念の式典では関係者がテープにはさみをいれて、新しい水族館のスタートを祝いました。

この水族館は照明を落とし気味にするなど、特に大人の女性に癒やしを感じてもらおうと設計されていて、館内には150種類、およそ5000の海の生き物が展示されています。

その中には色とりどりの4000匹の魚が泳ぐ巨大な水槽や、特殊なポンプを使って、中国地方の渓流の流れを再現した水槽などがあります。

訪れた人たちは照明を落とし気味にした館内で、水中にいるような雰囲気を楽しみながら、さまざまな魚を鑑賞していました。
25歳の女性は「癒やされたのでまた家族で来たい。長時間並んでよかった」などと話していました。

水族館によりますと、年間パスポートはすでにおよそ1万枚が販売され、年間で35万人の来館を見込んでいるということです。


引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498330671




【“ターゲットは大人の女性” 広島で水族館がオープン】の続きを読む


1: Anonymous 2017/06/25(日) 23:17:28.05 ID:CAP_USER9.net

HKTメンバー宅周辺をうろつく ストーカー容疑で逮捕
朝日新聞:2017年6月25日22時38分
http://www.asahi.com/articles/ASK6T7DLJK6TTIPE02B.html

 アイドルグループHKT48のメンバーの自宅周辺をうろつくなどしたとして、福岡県警は25日、福岡市中央区梅光園2丁目の職業不詳、新田善雄容疑者(44)をストーカー規制法違反の疑いで逮捕し、発表した。
「家の近くを通れば会えるかもしれないと思った」と容疑を認めているという。

 南署によると、新田容疑者は5月29日〜今月22日ごろ、メンバーの女性(18)が住む福岡市のアパート周辺を乗用車で複数回、低速走行するなどし、ストーカー行為をした疑いがある。
女性の家族が29日深夜、男が自宅のごみを持ち去るのを目撃し、署に相談していた。

 新田容疑者は3年ほど前から東京などで握手会に参加。
女性は新田容疑者を最寄り駅で何度か見かけたことがあるといい、「なんでこんなに会うのかなと思っていた」と話しているという。


引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498400248




【HKT48メンバー宅周辺をうろつく ストーカー容疑で44歳の男逮捕 「家の近くを通れば会えると思った」】の続きを読む


1: Anonymous 2017/06/26(月) 00:29:45.74 ID:CAP_USER9.net

「加熱式たばこはOK」ステッカー、外食店などに配布  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18088160V20C17A6TJC000/
JTなど大手3社、普及へ連携
2017/6/25 22:48日本経済新聞 電子版

 加熱式たばこの普及に向けて、日本たばこ産業(JT)など国内で製品を展開する大手3社が連携する。従来の紙巻きたばこは禁止とするが、加熱式の使用は許可することを示すステッカーを共同で製作した。月内にも自治体や外食店などに配る。加熱式のみ認める店や施設は増えており、使用の可否を判断しやすい環境づくりを支援する。

 「プルーム・テック」を売るJTのほか、「グロー」の英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(B…


引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498404585




【「加熱式たばこはOK」ステッカー、外食店などに配布 JTなど大手3社、普及へ連携】の続きを読む


1: Anonymous 2017/06/25(日) 16:23:13.47 ID:CAP_USER9.net

https://www.cnn.co.jp/m/business/35103271.html

ニューヨーク(CNNMoney) 米小売業界での店舗閉鎖が多発し、今年これまでの発生件数は5300店に達し、昨年同期比で3倍の水準になっていることが25日までにわかった。

小売業界のシンクタンク「Fung Global Retail & Technology」の調査で判明した。対象期間は6月20日までで、半年単位の発生件数としては過去2番目に高い数字としている。

クレディスイス銀行によると、これまでの最高記録は深刻な不況に見舞われていた2008年の6163件だった。今年はこの数字を容易に上回る流れにもなっているとした。


百貨店大手シアーズは23日、閉鎖の対象に赤字経営の20店を追加する経営方針を発表していた。同社の業務縮小は米国内だけでなくカナダでも起きており、22日にはシアーズ・カナダが破産を申請し、200カ所以上にある関連施設のうち59を閉鎖すると発表した。

小売業界の苦境は、消費者のインターネット通販への傾斜が大きな原因。また、従来型の店舗施設の過多な建設も要因になっている。

破産件数も急増している。企業などの破産情報サイトによると、今年これまでは345件に達し、昨年同期比で32%増を示した。

破産に追い込まれる小売店は1、2カ所で商売を営む家族経営の店が目立つが、全米規模で事業を展開する大手も多い。

2017.06.25 Sun posted at 15:46 JST


引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498375393




【米小売店、半年で5300店閉鎖 前年比3倍のペースに】の続きを読む


1: Anonymous 2017/06/25(日) 09:40:40.02 ID:CAP_USER9.net ?PLT(33337)


 伊勢神宮の別宮、三重県志摩市磯部町の伊雑宮(いざわのみや)で24日、国の重要無形民俗文化財に指定されている御田植(おたうえ)祭「磯部の御神田(おみた)」があり、上半身裸の男衆が水田で竹を奪い合う「竹取神事」が披露された。

 大うちわがついた長さ約15メートルの竹が田の中へ倒されると、約40人の男衆が泥まみれになりながら円を描くように引き回した。

 竹取に続いて、地元の子どもや大人が古式ゆかしい装束に身を包み、田楽に合わせ早苗を植えたり優雅に舞ったりして、豊漁と豊作を祈った。(荻野好弘)

朝日新聞DIGITAL 2017年6月24日22時49分
リンク先に動画もあり
http://www.asahi.com/articles/ASK6S4RNNK6SONFB007.html?iref=sp_new_news_list_n





引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498351240




【半裸の男たち、泥まみれで「竹」奪い合う 伊勢神宮別宮】の続きを読む


1: Anonymous 2017/06/24(土) 21:44:59.43 ID:CAP_USER9.net

自分たちの日常が今後も連綿と続くことに特段の疑問を抱かず、めいめいがそれぞれの生活を営んでいるフシが私たちにはあるが、このたびは天文学の方面からその認識を危うくする恐るべき報告があったようだ。案外、私たちの日常なんてものはいつもギリギリの薄氷を踏みしめているようなものなのかもしれない……。

■おうし座流星群に含まれる小惑星が地球に衝突か!?

毎年秋に現れる「おうし座流星群」は、太陽を中心として3.3年の周期で公転するエンケ彗星が母彗星であると考えられている。10月中旬〜11月下旬の長期にわたって観測され、数年に一度のペースで活動が活発になることで知られる。

先日、このおうし座流星群について、チェコ科学アカデミー天文学チームが国際天文学誌『アストロノミー&アストロフィジックス』にある論文を提出した。論文によると、2015年のおうし座流星群の接近に伴い発生した114の火球(彗星に伴った塵や小石が大気圏に突入し大気と衝突することでプラズマ化したガスが発光したもの)を分析したところ、直径200m〜300m規模の小惑星が少なくとも2つは含まれる、エンケ彗星由来ではない流星体の流れの存在を示したとするのだ。

そしてこの流星体はエンケ彗星同様に太陽のまわりを公転し、数年に一度の割合での地球への衝突可能性をはらんでおり、該小惑星は構造的にはもろいものの、その巨大さゆえ、万が一の衝突による被害は局地的あるいは大陸規模の甚大なものになり得るとしている。

■近年は米国も危惧する小惑星衝突

不気味なことに、今年米国政府は“National Near-Earth Object Preparedness Strategy(全米地球近傍天体準備戦略)”という文書でNEO(地球近傍天体)の衝突に対する対策を提言している。

また2016年にはNASAとFEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)が共同で地球への小惑星衝突シミュレーションを発表した。小惑星衝突はもはや小説や映画の中の出来事ではなく、いよいよ私たちの生活を実際に脅かし得る現実的なリスクとして想定する時代に突入したのかもしれない。

もっとも、今回チェコ科学アカデミーが明らかにした現状は、決して地球が新しい局面を迎えたということではない。私たちが知らなかっただけで、実際は千年以上にわたって地球は常に同等のリスクにさらされていたのだ。だからむやみに慌てたり取り乱したりすることは適当でないのかもしれない。

しかし、リスクは確実に存在するのだ。一説では地球に衝突し得るポテンシャルを秘めた小惑星のうち、現在の私たちが把握しているのは全体の1%に過ぎないという。案外、私たちはある日なんの前触れもキャッチすることなく唐突に滅亡してしまうのかもしれない。
(文=池上徹)

http://tocana.jp/2017/06/post_13589_entry.html


引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498308299




【また人類滅亡 11月下旬に巨大隕石シャワー】の続きを読む

このページのトップヘ