1: Anonymous 2016/12/31(土) 15:12:17.54 ID:CAP_USER9.net

「親が亡くなれば私もどうしようもなく死ぬでしょう」
「働くことは“不可能なこと”としてある」
ひきこもりの人や、ひきこもり経験のある人たちが、11月、新聞を創刊しました。
長らく社会との関わりを断ってきた人たちが、なぜ外に向けて発信を始めたのか?
今、ひきこもりの人たちをめぐる課題に向き合おうとする当事者たちの姿を取材しました。

■ひきこもり新聞 なぜ発刊

「年末年始は、エネミー(敵)がやってくる」
「甥っ子、姪っ子にお年玉を上げるのを、うまく逃れる方法はないか」

先月創刊した、ひきこもり新聞の編集会議での話し合いの様子です。
なんだか軽い話をしているようですが、編集に関わる人たち全員が、ひきこもりの当事者か経験者です。
編集長の自宅を兼ねたアパートの一室が新聞の編集部。
この日開かれた会議には16人が集まっていました。
年齢は20代から50代まで、女性も数人いました。
関東一円から、さらには仙台から来た人もいました。

編集長の木村直弘さん(32)もひきこもりの経験があります。
大学受験に失敗して自宅で浪人していたころ、最初のひきこもりが始まりました。
大学では、ゼミの同級生などと普通につきあえる状態でしたが、卒業後、弁護士を目指し司法試験の勉強するうちに、再びひきこもりがちになったといます。
思うように勉強の成果が出ず、もんもんとする日々の中、両親からは、毎日のように「お前には弁護士なんて無理だ。早く就職しろ」と言われ続けました。
その後も、ひきこもりの状態が続いていましたが、両親との関係はどんどん険悪になり、両親のほうが自宅を出て別居することになりました。
そして去年5月、突然、両親が警察官を連れて木村さんのもとにやってきて、無理やり自宅から引き出されそうになったと言います。
そのとき木村さんは「怒りと恥ずかしさ」、そして「犯罪者扱いされたことに対する悔しさ」を感じたと言います。
その後、精神科の専門医の診療を受け、今はおおむねひきこもりの状態から回復しています。

そんな木村さんが、新聞の発行を思い立ったのはことしの夏です。
ひきこもり支援の名の下に、強制的にひきこもりから脱せさせようとする一部の支援施設のことを知り、当事者の声を聞かず、生き方を否定するような対応を、自分が両親や社会から受けてきた対応と重ね合わせたと言います。
そして、社会が抱いているひきこもりのイメージを覆したいと、当事者の自助グループで知り合った人たちと「全国ひきこもり当事者連合会」を結成し、新聞の発行を決めました。
「マスメディアでは、ひきこもりは、無能で無気力で、努力をしない人間として取り上げられることが多く、実像を伝えていない。
当事者の生の声を聞いて、思いを受け取ってほしい。本当のひきこもりは自分のことを語れないとも言われていますが、そうした人の声こそ、なんらかの方法で届けていきたい」(木村さん)

■創刊号 悲痛な叫びが紙面に

当事者たちの生の声を伝えようと創刊された「ひきこもり新聞」。
先月発行された創刊号に寄せられた当事者の男性の手記には、次のような言葉がありました。

「今も自らをコントロールできる自信がありません」
「働くことや集団にコミットすることは“不可能なこと”としてある」
「親が亡くなれば私もどうしようもなく死ぬでしょう」

10年以上ひきこもりを続けている埼玉県の男性が、メールで編集部に寄せたものです。
創刊号には、このほか▽長年ひきこもりの研究を続けている精神科医のインタビュー記事
▽ひきこもりの恋愛についての話題▽家族や当事者どうしがつながりあうイベントなどの情報も掲載されています。
創刊号は、2000部が印刷され、一部500円で販売しています(ひきこもりの当事者は100円)。
これまでに、全国に50団体以上あるひきこもりの子どもを持つ親の会のメンバーや関係者を中心に、600部ほどが売れたといいます。
今後は、隔月で発行する予定です。

http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2016_1231.html?utm_int=detail_contents_tokushu_001

(続く)


引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1483164737




65: Anonymous 2016/12/31(土) 15:38:09.70 ID:NSFjaRYc0.net
>>1

いい加減に、この手のラベリングをした煽りを止めないとな。

まあ無理なんだろうけど。


19: Anonymous 2016/12/31(土) 15:18:22.69 ID:B3bfeYCD0.net
ひきこもりはひきこもりと付き合ってるうちは復帰は無理
新聞なんか作って傷舐めあってもなんも意味無いぞ
ひきこもり界では、救世主扱いされるかもしれんがな


20: Anonymous 2016/12/31(土) 15:18:46.68 ID:9/JstVr20.net
>創刊号は、2000部が印刷され、一部500円で販売しています(ひきこもりの当事者は100円)

金取るのかよw


25: Anonymous 2016/12/31(土) 15:22:32.26 ID:UGE1Hl7n0.net
ん?
日本引きこもり協会かな?


29: Anonymous 2016/12/31(土) 15:23:18.76 ID:yPbE19740.net
クソNHK
これが受信料取って報道する内容か?

いまだに受信料払ってるバカがいるからNHKが調子に乗るんだよ
簡単に解約できるんだから反日放送局に金出すなよ


31: Anonymous 2016/12/31(土) 15:23:27.50 ID:ET2ftCjN0.net
俺も中学で教室に入れなくなってそこから社会復帰したりひきこもったりの繰り返しだったが
30こえたぐらいからなぜか普通に人と接しられるようになった
原因はわからん
感受性とか繊細さみたいなのが関係してるのかもしれんな
歳とってそれが衰えてきたから出来るようになったのかもしれない


41: Anonymous 2016/12/31(土) 15:28:01.50 ID:FP9atppr0.net
明日からしばらくセブンイレブンのおせちを一人で食べる
「おせちぼっち」です


44: Anonymous 2016/12/31(土) 15:29:06.75 ID:T7kom1h50.net
ナマポの貰い方特集あるなら買うわ。身元の保証された人物のレポってヒットしないんだよな。
単なるお説教ならNO。


49: Anonymous 2016/12/31(土) 15:30:27.79 ID:9/JstVr20.net
内容読む限り就職できないから社会活動できないって話しかしてないから、
要はこれって雇用問題なんだよね


54: Anonymous 2016/12/31(土) 15:32:47.12 ID:+WVnpxtQ0.net
>>49
日本は再チャレンジ出来ない社会だからな
長期休暇したら復帰は難しい


68: Anonymous 2016/12/31(土) 15:38:39.20 ID:nSL9Qy2K0.net
大きなお世話新聞。
迷惑千万新聞。
笑止千万新聞。
おまいう新聞。


70: Anonymous 2016/12/31(土) 15:39:56.81 ID:fRwO51e10.net
ディアゴスティーニから週刊ニート創刊!
創刊号は180円!


73: Anonymous 2016/12/31(土) 15:42:33.91 ID:z8feLfcT0.net
>>70
付録を全て集めたらニートがさらに1匹完成するとか?


72: Anonymous 2016/12/31(土) 15:42:21.50 ID:NSFjaRYc0.net
「ひきこもり」を飯のタネにしようとしてる「ひきこもり」。

これはどうしようもないよな。


いい加減に、この手のラベリングをした煽りを止めた方がいいのに。


91: Anonymous 2016/12/31(土) 16:06:13.13 ID:B/u3XZly0.net
こういう記事は「ひきこもりは足を踏み外した普通の奴で
本人も困っていて、なんとかしたいと思っている」というのが
前提になっていて、まあそういう奴も実際いるんだろうが
ゲーム関係のコミュニティで出くわした実物見ると
負けそうになると一方的に切断
嫌がらせのメール送ってくる
2ちゃんのスレ荒らす
完全に人格破綻したどうしようもない奴だったりする
ああいう奴に支援とか同情とか無駄だわ


105: Anonymous 2016/12/31(土) 17:03:40.34 ID:xirKBmH30.net
そもそも衣食住が保証されてるから引きこもってんでしょ
その金を払ってる人がいるからこそ可能なんだから
「俺のことわかってくれない」とか知らねーよ屑が働けと思われても仕方ないよ
コミットできないならビルメンテナスの清掃でも深夜のスーパーのレジ打ちでも
やりゃいいじゃん


110: Anonymous 2016/12/31(土) 17:13:12.03 ID:FSPSbhUl0.net
今の定義だと「自宅」だけど、コンビニに買い物に行くとか、
ちょっと出かけるぐらいなら「社会的ひきこもり」という定義になる。


118: Anonymous 2016/12/31(土) 17:23:18.34 ID:dKEHy8GT0.net
Nippon
Hikikomori
Kyokai